「子どもの自己肯定感」より大切な物がありました


岡山市南区にて スクラップブッキングでアルバム作りをしています

クリエイティブメモリーズ 公認 アルバム・アドバイザー

ありまる こと 有馬久美子 です。


今回ちょい長文なので、文章読むの面倒な人はWSにぜひお越しください(笑)

 

 

昨日は月に1回参加している、アドラー読書会でした。

今回は「勇気づけ」の章。

 

「勇気づけ」は子育てにとても活用できる考え方だと思います。

その中で、私が今回「なるほど!」と気づいた点がいくつかあります。

今回はそのうちの1つ。

 

自己肯定感について、書きますね。

 

私はアルバム作りは子どもの自己肯定感を高めますよ、と伝えています。

でも・・・育児では、これよりも更に必要な物があったのです!

 

 

自己肯定とは、

そのまま「自分」を「肯定」することですよね。

でも。

その「肯定」のイメージって・・・どうですか?

 

私は大切な存在である

私はこのままで愛されている

 

これが「自己肯定感」だと良く言われています。

 

もちろん、子どもとして大切だと思いますよ。

そのベースは。

私のアルバム作りでは、ココを重要視しています。

 

でも、それって・・・

他者が必要な考え方 だったりします。

他者の評価に頼る考え方でもあるんです。

 

この本では

「自己肯定」は条件付きで自分を認めること とあります。

この条件って、大きくくくって「他者の存在」なのかな、と。

 

質問!
では、自己肯定感以外に、何があるの?

 

ARIMARU
アドラーは「自己受容」を提唱していたそうですよ

 

 

「自己受容」とは・・・

 

不完全であり

失敗し

間違った自分を認めること。

 

他者からの評価は関係ない。

 

 

自分は(誰かにとって)大切な存在である

という自己肯定

 

と、

 

自分は不完全であり、失敗し、間違ったこともする

 

不完全だから、どんどん新たなことを吸収できる

失敗有りき、だから失敗を怖れずに新たなチャレンジができる

間違ったこともする、がベースだから、間違ってはいけないとは思わない=行動が制限されない

 

という、自分主導の「自己受容」

 

 

どうでしょうか・・・?

似て非なる、この考え方の違い。

伝わるかな~?

 

そしてここからです。

一番大切なこと。

自己受容はね・・・

子どもに求めるんじゃないんです。

 

まずは、親自身が自己受容する

それが子供に態度として伝わるのです。

なぜなら、一般的な善悪は関係無く

母親の言動が、子供にとっての「善」であり「正義」となりがちなので。

 

成長の過程で、母の言動が真逆の「悪」になるパターンも稀にあるんだけど、それはまた別の話・・・

 

母がまず、

不完全な自分を認め

失敗を怖れず

自分は間違えるものなんだ

という認識を持つ。

 

自分がそうなんだから、子供に対してもその目線で接することができるようになります。

そうすると、子供に上から目線で無駄に叱ったりすることができなくなります。

子供は親の顔色を見て行動したり、委縮することが無くなるって感じかな?

 

ということで、

子どもの自己肯定感よりも大切なのは

 親の自己受容感 です。

 

 

アルバム作りは

母として、外から子どもの自己肯定感を高めることができます。

でも、その先に自己受容感が伝わっていくと

最高だな~と思います♪

 

アルバム作りでも母の自己受容、必要なんですよ。

それは、ジャーナリング(コメント書き)です・・・うふふ

 

え?なぜ?って思いますよね。

そんな方は、まずはこちらの本をおススメします♪

ジャーナリングがどうしても書けない!と言う人は

この本読んで、私のWSに来てみてね♪

本当に、人生が変わるから~

母が変わるとついでに子供も変わるから~

 

青い本は、赤い本の続編になるんですけどね、

青い本はね~、かなりハードルが高い!

まずは赤い本で!

絶対に赤い本から!

 

今回の記事が気になった方、こちらもどうぞ♪

https://www.facebook.com/adlerokayama/

 

 

ARIMARU
今回もお読みいただき、ありがとうございました!

アルバムは、ありふれた日常にある幸せを実感できます。

あなたも 笑顔になるアルバム作り、始めてみませんか?

 

LINEで当教室の情報などをお届けしています。
予約も簡単にできます♪

友だち追加

 

Facebookでこのブログの更新情報をGET!

 

体験会や通常ワークショップは岡山市南区にて開催中です。出張教室もぜひご利用ください♪

ご予約はこちらから

 

 

PAGE TOP